アクリル加工の特徴

アクリル板

アクリル板加工は素人でもDIYが簡単にできるイメージがありますが、プロがレーザーを使って精密に仕上げるもののほうが様々な製品に応用できます。紫外線対策が施された種類であれば屋外使用にもある程度耐えるので、利用する環境も考えていきましょう。

詳しく見る

実績を比較する

作業員

金沢市の金属加工業者を選ぶ場合、これまでの実績や世間からの評判などを参考にすることが大事です。そのためにはインターネットを存分に活用しましょう。実際に実績を見せてもらったり、問い合わせをしてみたりしましょう。

詳しく見る

金属の加工処理は外部委託

金属素材

金沢市で金属加工をしたい場合には、専用の研磨設備などを整えるよりも外部委託を行うほうが確実で低コストです。熟練工がいなければいくらコストをかけても満足いく仕事はできないので、人材がいないならば金属加工は金沢市の工場に委託しましょう。

詳しく見る

ガラスに替わる新素材とは

アクリル板

アクリル板は、ガラスの欠点を補う素材としていろいろな分野で益々活用が期待されています。切断したり曲げたり、接着や穴あけなどのアクリル板特有の加工のし易さから、アクリル板は今やインテリヤ、建築のみならず、産業全般に利用されるガラスに代わる新素材です。

詳しく見る

特徴を知って有効活用

作業員

アナターゼ型の酸化チタンは劣化、摩耗することがない優れた触媒能力を持った物質です。光触媒、超親水性を利用した活用の幅は広がり続けています。家庭でも簡単にメンテナンスできることから、より快適な生活を送るためのキーになりそうですね。

詳しく見る

身近にある科学技術

素材

環境保護や劣化防止に

科学というのは、身近なところに存在します。少し周りを見渡せば、化学原料によって作られた物が多く目に付くでしょう。酸化チタンも、科学の下支えになっている物質の一つです。別の化学物質を分解する、水となじみやすいなどの性質を持っています。これらの性質が、身の回りの多くの物に使われています。酸化チタンは、多くの場合で化学反応の触媒として用いられます。科学で使われる触媒は、化学反応を助長するという性質を持ち、酸化チタンもその例にあたる物質です。酸化チタンの場合は、硫黄酸化物などの有毒な物質に作用し、それらを無害な物質に分解します。この性質が、工場から出る排煙のフィルターや建築材などに使われ、環境保護の手段として役立てられています。しかし、時間経過で効果が減衰することやコストの問題など、課題となっていことがまだあります。酸化チタンの水になじむ性質も、現代の生活に利用されています。例えば、食器やプラスチック製品です。これらは水滴が付着すると曇ったり劣化が早まったりと問題が起きます。ここに酸化チタンを付けておくと、酸化チタンが水滴を広げて膜状にし、そのまま流してくれます。このおかげで食器やプラスチック製品は、水にぬれても乾きが早いわけです。安全性の高いことも酸化チタンの特徴です。その安全性から食品の添加物や白色顔料の材料にも使われています。化学物質の性質を理解すれば、あらゆる用途に転用することが可能です。

Copyright© 2018 All Rights Reserved.